2007年08月12日

サイクルリクシャ

サイクルリクシャ


サイクルリクシャの写真があったので
載せました。
どんな形かわかるかな???


リクシャは、リキシャとも書いてあるやつあります。
posted by ポッポ at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インドの写真

タージマハル

インド旅行記・その9あたりで
載せる予定だったタージマハルです。
ほんとはもっと白いんだけどね。^^
この日は、休館日?だったので
裏からみたタージマハルです。



アーグラー城から見えるタージマハル

インド旅行記・その10あたりで、
ボビーさんが教えてくれたアーグラー城から見える
タージマハルです。
形の美しさは、何とも言えないですね。^^*




アーグラー城にて ヴィカス


アーグラー城で出逢った、インド人の兄ヴィカスと妹達です。
彼はキャノンのカメラを持っていました。



写真ボケててごめんなさい。++
スキャナー持ってないから、
写真をカメラで撮ってみた。^^;
何とか撮れてるでしょ???

いつかスキャナー買ったら
もっときれいな写真載せれると思います。(^。^;)
posted by ポッポ at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インド旅行記・その18(車内にて)

スリーパー(寝台列車)の車両。
周りは、男の人だらけ。
寝台なのにカーテンもないし、毛布もない。

「まーいいか、おやすみ〜」

と思ったが、寒い。
インドのエアコン車両は冷えるのだ。
車掌さんみたいな人に
「毛布貸してくれないか?」と言ったら>
「ない」
と言って去って行ったが、
後でシーツを持ってきてくれた。
重ね着できるような服持って来てないから
助かった。


そしてバナーラスの到着。
といっても、私の目的地は一つ手前の駅なので
タクシーか何かで戻らなければならない。

車内でインド人のおじさん達は結構親切で
みんな事前に
「どこで降りるんだ?」と聞いてきて
着いたらちゃんと教えてくれる。
そして、一緒の駅で降りるインド人をつかまえて

彼について行きなさいと、私のことを
お願いしてくれるのです。


なんか、人懐こいとゆーか、
おせっかいとゆーか、
それでも、なんか感動して笑えてくる。
この頃からインドの人が大好きになってしまった
ように思えます。




posted by ポッポ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

インド旅行記・その17(駅にて)

^A`.BMP

なんとか無事にトゥンドゥラー駅に着いた私。

さて、駅のホームに向かう途中
又インド人が話しかけてきた。

インドでは、どこに行っても一人になることはなく
いつも隣に知らないインド人がいて話をするはめになる。


私がバナーラスへ行くと言ったら、ホームのNOを
教えてくれた。いい人だ。

真っ暗とはいえ、まだ夕方。
寝台列車の時間は22時35分。。
どうやって時間をつぶそう。。。


とりあえず駅のレディースウェイティングルームで
横になる。

しばらくすると、突然真っ暗になった。
停電だー。きゃー恐い〜。>0<
おまけに、蚊にもさされた。。


それでも、何とか少し眠ることができた。
ルームには、ちゃんと管理人のおばさんがいるので、
安心なのだ。

ホームは、真っ暗と言っていいほど暗い。
電気、ついてない。
皆、自分の乗る車両がわかるんだろうか?

あー、どうしよう。T。T
車掌さんもわからん。
列車わかるかなぁ。。?


途方に暮れていたら、またインド人が
声をかけてきて、「切符を見せろ」と言った。
見せたら、「こっちにこい」と言う素振りを見せたので
着いていった。

そのインド人は、ベンチに私を座らせ、
「列車が来たら呼びに来るので心配するな。
ここで待ってろ。」
というよーなことを
言って去って行った。

いい人もいるもんだなぁと思っていたら、
また別の3人のインド人が私の横に座り、話をしだした。

しばらくして、私に何やら話しかけてきた。
そして何故か、名刺までもらってしまった。
その人は、アーグラーでシューズの会社で
働いているらしい。
かなり大きな会社みたい。
お金持ちそう。。


何かわからないけど、「電話してきなさい」と言ってた。
その人は、とても親切な人で
私が乗る列車の中までついてきてくれて
席まで探してくれた。

いい人だなぁ。。
そこで、バイバイする。

インドの人との会話で
。。らしいとか、。。みたいとしか書けないのは
私が英語がわからないので、
多分こんなことを言ってるのだろうと
推測で書いているのでご了承を。^^;


タグ:インド
posted by ポッポ at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

インド旅行記・その16

?.BMP

トゥンドゥラー駅に行くためにバスを降りた私。
着いたはいいけど、もう既に真っ暗。

おじいさん、ここからリクシャか何かで
駅まで行かないといけないって言ってたな。

うーん、リクシャか。。探さなくちゃ。

リクシャには、オートリクシャというバイクの後に
人が2人くらい乗れるスペースのあるもの、
もう一つは、自転車の後に同じく座席のある
サイクルリクシャという2種類があります。

ここで初めてサイクルリクシャに乗る。
ちょっと変わったサイクルリクシャ。

殆ど自転車の荷台に乗ってるのと同じ。

運転手は、。。。少年!
何歳?見た目は、小学生くらいだけど。。。^^;

とりあえず乗りこむ。少年、颯爽と走り出す。

「うわー!落っこちそうだよ〜。恐い〜。(/;°ロ°)/ アレー」

道が悪く、お尻がめちゃくちゃ痛い。
しかも、少年、もうスピードで走ってる。

「ひぇ〜!牛にぶつかる〜!きゃ〜、人!わ〜、車!>0<」

大きなショルダーバック落とさないように必死に
つかまる。

インドでは、牛も道を歩いている。。^^;
牛は神聖なものとされているので、
皆から大事にされている。
たとえ邪魔でも追っ払わない。
優先順位一番って感じ。


はぁ〜。。サイクルリクシャは、スリル満点。
お尻痛かったけど、面白かった。^^


駅に着いて、少年は5ルピーを請求。
短い時間だったので、ぼったくりと思ったが
「まぁ、いっか」とお金を払う。

その時、周りにインド人が集まってきて
私が少年に5ルピー渡すと
「おぉっ!」というどよめきが起こった。

少年は、5ルピーも儲けたぜってな感じで
得意そうな顔をしていた。


相場はいくらだったんだろうな?^^;

まぁ、とにかく無事にトゥンドゥラー駅に
着いてよかった。





posted by ポッポ at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

河童が覗いたインド

`Ch

おはよう!^0^

よく眠れましたか?
昨日は蒸し暑くて
私はなかなか眠れませんでした。++

ところで、今日は1冊の本を紹介します。

私がインドに行きたい!って思った理由
1.マザーテレサに会いたい!
2.マザーハウスでボランティアしたい!
3.インドって面白そうって思った。

そうです。
インドって面白そう、行ってみたいって
私を思わせた本が妹尾河童さんが書いた
「河童が覗いたインド」だったのです。(’-’*)


たまたま図書館で見つけた古い本なんだけど、
まず手書きの絵に感動。そして内容は興味津々。

これ読んで、私も絵日記書きながらインドを
旅したいって思ったのです。

後の方で書く予定ですが、インドで出逢った他の日本人も
これをバイブルのように持ってた。
みんな気持ちは同じなんだなーって思いました。(*^^*)
posted by ポッポ at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

インド旅行記・その2

Ch^NV[.BMP

インドに一人旅した時のお話です。

インドは不思議な国です。
空港に降り立ち、市内行きのバスを
探していたところ、1人のインド人の男性が
タクシーを指差し、
これが、市内行きのバスだ」と言いました。

私は、どうみてもタクシーだから、
これは、違うでしょー」と
反論しました。

どうこうしてるうちに、
同じタクシーの運転手仲間がまわりを囲み、
みんなで口をそろえて
これがバスだ」と言いました。

「あぁ、とにかくこのタクシーで行けってことね」
と、半ばあきらめ値段だけ交渉し
どうみてもタクシーにしか見えない
市内バス?に乗り込みました。


タグ:インド 旅行
posted by ポッポ at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。